戦後70年

e0293217_1793111.jpg



今年は、戦後70年の節目にあたり、新聞、テレビ、出版物、映画と、
様々な形で考える機会がいつもの年より多いようです。

でも、毎年思うのは、8月15日を境に、パタッとそういう番組や情報が 
なくなること。これではまるで、季節の風物詩みたいで、違和感が
あります。

戦争の歴史について思い出し、考える縁(よすが)としての、記念日は
とても大事ですが、71年目も72年目も、そして1年を通じて、心の片隅
で忘れないでいることも、大切ではないでしょうか。

戦争の時代から今まで、ずっと途切れることのない時間と命の繋がり
の上に、今の時代があり、今の私たちがいるのだから。
# by 1000nog | 2015-08-17 17:15 | ☆お庫裏さんのひとりごと

境内墓地 お盆法要

8月14日、今年も専応寺境内墓地のお盆法要をおこないました。

いつもより少し涼しいとはいえ、暑い中を大勢の方がおまいりくださいました。
e0293217_701850.jpg

今年は、境内に竹の灯篭を並べました!
e0293217_73169.jpg

e0293217_751091.jpg
e0293217_752728.jpg

この灯篭は、ご門徒(檀家)さんと一緒に、竹を切るところから始めたもの。

快くご協力いただいたKさん、Nさん、Tさん、本当にありがとうございました!

落ち着いた雰囲気の中で、みなさんとご一緒におまいりをし、

お焼香をさせていただくことができました。
e0293217_784591.jpg

その後、本堂にあがっていただき正信偈(しょうしんげ)をおつとめ。
e0293217_795641.jpg

住職からもおはなしをさせていただきました。
e0293217_7111062.jpg

今年は若い方も多く来られていました。

まさに老若男女が、お寺で、お盆のおまいりをしていること。

素朴ではありますが、とても心温まる時間でした。

来年もぜひおまいりくださいね。

竹の灯篭、もっともっとグレードアップしたいと思っています!
# by 1000nog | 2015-08-14 23:02 | ☆専応寺の風景/行事写真

<専応寺の近況>保管庫


7/25
今日は専応寺の目の前で長良川花火大会です。
3万発の花火が川を照らしています!
鵜飼の舟とのコラボが素敵です☆
d0262090_2035231.jpg


7/10
ご門徒(檀家)さん手作りのブローチ!
可愛い!
d0262090_1659238.jpg





6/27
いよいよ来月はサマースクール・お寺お泊まり会!
掲示板にはポスターも登場しましたよ!
d0262090_10503897.jpg


6/16
境内のアジサイがこんな形でみなさんをお出迎え!

d0262090_23114647.jpg


6/11
今、境内にはいろんなアジサイが咲いていますよ!

d0262090_11361179.jpg


6/1
お寺のアジサイが咲きはじめました!
d0262090_13104793.jpg


4/18
お寺の庭の苔がふかふかだよ、お父さん。
そうだなぁ、今日からそっちで寝てみよう。

d0262090_7241267.jpg

# by 1000nog | 2015-08-13 10:10 | ☆専応寺の近況 保管庫

8月 42年!

あれは昭和48年の、たしか4月か5月頃のこと。


その年の3月に龍谷大学を卒業し、得度をして僧侶になりました。

まだ髪の毛は短く、(本願寺派でも得度のときは髪の毛を剃ります)

団体参拝でうちのご門徒が、バスでやってこられたのを

本願寺でお迎えしたときです。


いつもいつも、寺の行事にはお手伝いくださっていた

おばあちゃんが、わたしの顔や頭を見るなり、

「まなぶちゃん、ようもようも・・」と言って涙を

流してくださったのでした。

ああ・・ぼくはこのおばあちゃん一人のために、おぼうさんに

なったのかもしれない・・と心に刻みました。


あれから42年が経ち、わたしは65歳になろうとしています。

3人の息子はそれぞれ家庭を持ち、孫は合計4人になりました。

今まで、僧侶として、住職としてなにをやってきたのか?

ただご門徒の、心ある方々に支えられてきた、としかいえません。

本当にお坊さんなの?・・そんな声が聞こえます。
# by 1000nog | 2015-07-30 21:56 | ☆住職のつぶやき日記

ご門主の言葉 平和を願う法要より

戦後70年という歳月を、戦争の悲しみや痛みを忘れるための

ものにしてはなりません。

そして戦後70年というこの年が、

異なる価値観を互いに認め合い、共存できる社会の

実現のためにあることを、世界中の人々が

再認識する機会となるよう,願ってやみません。


     2015(平成27年) 7月 3日               

       浄土真宗本願寺派門主 大谷 光淳

         ( お言葉の最後の部分です )
# by 1000nog | 2015-07-30 21:11 | ☆今月の言葉