12月

母に抱かれて笑う幼子(おさなご)は、

母の慈しみを信じて疑うことがない。

慈愛に満ちた声を聞き、ただその胸に身をまかせ、

大いなる安心のなかにある。(中略)


母の慈愛の思いが、幼子の安心となるように、

如来の呼び声が、そのまま私たちの信心となる。



        「拝読  浄土真宗のみ教え」 より
by 1000nog | 2013-11-28 14:07 | ☆今月の言葉
<< ああ・・献血 専応寺 紅葉 >>