万年筆

最近、また万年筆の書き味を思い出しました。

万年筆・・fountain pen 

fountainとは泉のこと、湧き水のことです。

うまく表した言葉ですね。それ以前のペンは、インク瓶の中に

繰り返しつけねばならなかったのが、泉のごとく湧きいずる

便利な発明品だったのでしょう。

といっても、若い人にはペンを知らない人も多いのでは?

書いた後に、インクがにじまないように押さえる、吸い取り紙の

ついた道具もありました。

今では筆記道具といえば、ボールペンでしょう。

いや、パソコン全盛で、ペンで文章を書くということすら

見かけなくなりました。


少し太めのペン先で、なめらかに書く作業は、

疲れも少なく、快適です。

高価なものでなくても、書き味の優れたものが

外国製品にあります。


単に懐古趣味というのではなく、またコレクターというのでもない。

万年筆を通して、文章を書くことのおもしろさに目覚めたい。
by 1000nog | 2014-02-28 11:20 | ☆住職のつぶやき日記
<< 今日はひな祭り 3月 >>