10月

私たちは文明化とともに共同体も壊しました。

共同体がしっかりあった頃は誰もが役割を

与えられていて、生きる意味を問う必要など

ありませんでした。

でも今は人間が一人ひとりに分断され、

生きることが策漠としたものになっています。


自分というものは他者との関係のなかで初めて

意味をもちます。自分の存在意義は周囲の人が

決めるんです。

だから目の前の環境や人々とのつながりを無視した

自分探しに意味はない。

最近の教育界でよく言われている個性の尊重にも

そういった意味で違和感をもちます。


      朝日新聞 9月25日 「鹿の王」発売記念

           上橋菜緒子さんと養老孟司さんの対談から
           養老孟司さんの言葉より      
by 1000nog | 2014-09-30 09:28 | ☆今月の言葉
<< もう10月です 専応寺墓地 お彼岸法要 >>