前住職の法事

今年は、前住職(父)の27回忌の年です。

命日は8月ですが、すこし早めにお勤めしました。

満65歳で亡くなったのですが、今年秋に自分が

その歳になるのです。いろいろな思いがわいてきます。


ご門徒のご法事の席で、いつも聞こえてくるのは

 「もう、・・年か、早いもんやなあ。歳を取るはずやなあ」

たしかにそう思わない人はいないでしょう。


でも、それは間違いなく、私の人生もあっという間に

過ぎ去り、死んでゆかねばならない・・ということの

証明なのではないか・・・

いや、そうに違いないのです。
by 1000nog | 2015-06-07 21:13 | ☆住職のつぶやき日記
<< 6月 支えあう パッションフルーツ >>