6月 支えあう

人という字は、人間が歩く姿の象形文字だそうですが、

人と人が支え合うたとえによく使われますね。

その話を聞いて、感じることがあります。

人という字は短い方(右)と長い方(左)が互いに

支え合っているように見えますが、長短の違いが

あるということは、対等ではないということです。

長短の違いに注目すれば、右が左を支えているように

みえます。しかし、左がなければ、右も倒れることは

疑いのないことでしょう。

つまり、右も、左も、相手がなければ倒れるところから、

互いに支え合っているということになります。


             大乗 6月号 玉木 興慈 師の文章より
by 1000nog | 2015-06-07 21:27 | ☆今月の言葉
<< 第4回の法友会 前住職の法事 >>