<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

6月

自然物としての人間は、

決して孤立して生きられるようには、

作られていない。

このため、助け合うということが人間にとって、

大きな道徳になっている。

助け合うという気持ちや行動の、

元の元はいたわりという感情である。

他人の痛みを感じることと言ってもいい。

やさしさと言いかえてもいい。

「いたわり」

「他人の痛みを感じること」

「やさしさ」

みな似たような言葉である。

  
 (中略)

この根っこの感情が、

自己の中でしっかり根付いていけば、

他民族へのいたわりという気持ちも湧き出てくる。

君たちさえ、そういう自己を作っていけば

21世紀は、人類が仲良しで暮らせる時代に

なるのにちがいない。

    

      司馬遼太郎 
           
  「21世紀に生きる君たちへ」より
by 1000nog | 2012-06-01 08:00 | ☆今月の言葉

6月

先日の中日新聞に掲載されたニュースです。

京都の大手仏具会社がボランティアでおこなっている

活動に共感しました。


それは、寺院で行事に使う「和ろうそく」の

残ったものを集め、アフガニスタン、ネパール、

ミャンマーに送る活動です。

ランプなどを買う余裕もない、

多くの家庭の子供たちの勉強に、

大きな力となっているとのこと。



従来から、行事に使っても、

半分かそれ以上が残る和ろうそく。

勿体ないと思いつつ、非常用などの他は

処分するしかなかったものが、

このように役立っていると知り、

早速長良組のお寺さん方に呼びかけ、

協力をお願いしたところです。 



私が子供のころは、まだ部屋の灯りは電球が

ひとつだけ。

今から思えば、薄暗かったに違いありません。

掛け時計(家の中に、1~2個しかなかった)の

ネジを巻くのも私の仕事でした。

扇風機もなく、又、ストーブやファンヒーターもなく、

夏は団扇で涼を取り

冬は練炭火鉢か、どぼんこ(炭や豆炭を使った

掘りごたつ)しかありませんでした。・・・・・・・    


そんな時代が良かったとも、戻りたいとも

思いませんが、便利で豊かな生活とは、

こんなにもエネルギーを使い捨てることなのだと、

今更ながらに知らされます。



私たちが生きる、ということ。

・・・それは、どういうことなのか。

何が必要で、何がいらないものなのか。

じっくり考えてみたいと思います。


でも、まずは身の回りの生活を、点検してみましょう。

by 1000nog | 2012-06-01 08:00 | ☆住職のつぶやき日記

行事予定

行事予定はこちらからご確認ください。
(↑クリックしてください)

by 1000nog | 2012-06-01 08:00