<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

結婚の日  母の思い

 
 私事ですが、4月21日、三男の忍が、京都の西本願寺で

結婚式を挙げました。

 これで、3人の息子たちは、それぞれに伴侶を得たことになります。

  「最後だし、三番目は特にかわいいと言うから、泣くわよ!

   ハンカチではたりないから、大判のタオル、持ってったら?」

などと、友達に、ひやかし半分に、おどかされました。

 当日は、気温は低めながら、前日の雨も止んで、挙式日和。

西本願寺安穏殿には、両親、兄弟、叔父叔母、従姉弟たちほか

親族が集まり、雅楽の音と共に、新郎新婦の入堂。

粛々と、式が進行していきます。

 仏前式ですので、皆で、お勤めをします。

 それまで、緊張しつつも、落ち着いた気持ちだったのですが、

『讃仏偈』をお勤めしながら、斜め前に座っている三男の、

色衣五条を着けた後姿を見ていると、急にこみ上げてくるものがあり、

涙が止まらなくなりました。


e0293217_19374033.jpg


 それまで、違う世界で、先の見えない精神的に苦しい時期を経て、

中央仏教学院で学び始めたのは、わずか2年前。

そこでの出会いが、このご縁となったのです。

 仏様に導かれた、ご縁でした。

 式中、忍の、亡くなった二人のお祖父ちゃんや、

小さいころから、忍を可愛がってくださった方々の面影が

心の中に浮かんで来ました。

                    合掌


e0293217_19384310.jpg
by 1000nog | 2013-04-28 22:50 | ☆お庫裏さんのひとりごと

見ごろです!

e0293217_11412267.jpg

    4月も、はや中旬。
   
    玄関前の、牡丹の花が、満開です。

    今年は、少し早目でしょうか。

    毎年、見事に花開いて、

    我が家だけではなく、ご近所も

    道行く人たちの目も

    楽しませてくれます。

    ありがとう!

e0293217_11353451.jpg
by 1000nog | 2013-04-16 11:43 | ☆お庫裏さんのひとりごと

ボケの花

桜も良いけれど、春を感じるものはいっぱいあります。
e0293217_16571573.jpg

天気の良い日は専応寺の庭を散歩してみてください。
by 1000nog | 2013-04-02 17:00 | ☆専応寺の風景/行事写真

びっくりついた!

今日、月命日のおまいりにうかがったお宅での出来事。

そのお宅は、お店をやっておられるので

「若さんゴメン、今日、店番せなあかんで

おつとめしといてもらえます?」

とのこと。

いつもは一緒におつとめしてもらうのですが、

お店のことがあるときは、しょうがないですね。

さて、おつとめを始めよう。

合掌礼拝をして、おリンを‘チーン’と鳴らした瞬間・・・!

「誰だテメェは!」

の大きな声!続いて、

「成敗してくれる!」

???

正体は、仏間の隣部屋で、大音量でつけっぱなしになっていた

テレビの時代劇でした。

てっきり1人でおつとめかと思っていたところに、

コントのような、できすぎたタイミングでこのセリフ。

びっくりしましたね~。

いろんなことがあるものですね~。

ちょっとだけ右往左往しかけた、

今日の出来事でした。

by 1000nog | 2013-04-02 12:33 | ☆若さんの右往左往

恵信尼様のおたより

  さる3月27日、名古屋の芸創センターホールで、以前お知らせして
 いた、合唱の演奏会がありました。

 新実徳英作曲「組曲・恵信尼様のおたより」です。

 
 1年半ほど前、初めて楽譜を見た時は、
 「これを、歌えるようになるのかしら?」 と、正直とまどい、不安になり
 ました。リズムも、和音も、今までうたってきたものとは、レベルが違う
 複雑さでしたから。


 でも、歌詞は、以前から本で読んだり、お話で聴かせていただいた、
 なじみ深い、恵信尼様のお手紙そのもの。

 作曲家の新実先生は、そのお手紙の内容からイメージを膨らませ、
 こういう音楽を作られたんだ、そんなふうに思いました。


 この曲のために集まった合唱団は、贔屓目に見ても、平均年齢60代?
 総勢百五十人になろうかという大所帯。

 愛知、三重、岐阜、和歌山の各地で、普段は別々の活動をしていて
 数か月に一回、集まって合わせるだけ。しかも、本番は暗譜という
 気の遠くなるような話でした。

 
 しかし、結果から言うと、みんなの心が一つになり、無事
 歌い切ることができましたました。

 素晴らしい音楽の力。中心になって進めてくださった、
 コーラス萌木の響きさんの、パワーに感服です。


 聴きに来てくれた友人から
 「若い人には出せない、人生の深みのある歌声に、感動!
 熱い思いが客席まで伝わってきました。」との、感想をいただき、
 歌うことができてよかった、としみじみ思いました。


 メンバーの中には、様々な理由で、出演が叶わなかった人も。
 ここまで来られたのは、本当に有難いご縁と、感謝しています。
by 1000nog | 2013-04-01 21:54 | ☆お庫裏さんのひとりごと