<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サマースクール(2日目)

さあ、サマースクールも2日目です。

みんな5時台から起きています・・・

布団を片付け、顔を洗った後は、

ラジオ体操から。
e0293217_1247205.jpg

普通のラジオ体操第一に続いて、

関西弁のラジオ体操も楽しんでみました。

そして朝のおまいり。
e0293217_12483841.jpg

足の痛さも慣れてきたかな?

やっとで朝食。
e0293217_12501290.jpg

早起きしたから、お腹がへったへった。

自由時間に続いては、

今回の目玉!

クラフトの「モビール」作り。
e0293217_1252248.jpg
e0293217_12523061.jpg

もう、大人も子どもも夢中です。

ちょっと難しい所もあったけれど、

かわいらしいモビールがたくさんできました。

そして、鐘つきもしました。
e0293217_12543570.jpg

近くで初めて聞く鐘の音にびっくり。

最後はみんなで掃除。

雑巾がけや掃除機をかけて、綺麗になりました。
e0293217_12554127.jpg

今年も無事にサマースクールを終えられたこと、

お手伝いくださったみなさんのおかげです。

おかげさまで、本当にありがとうございました!


来年は中学生になる人も、

ぜひスタッフとして来てくださいね!

肝試し、最強(恐)を目指しましょう笑
by 1000nog | 2014-07-29 12:59 | ☆専応寺の風景/行事写真

サマースクール(1日目)

平成26年の専応寺サマースクールが無事に終了しました。

今年は、31名のお友だちが来てくれました!

まず、お寺や本堂のお話、約束事を聞き、

おまいりからスタート。
e0293217_12282597.jpg

続いて、定番のスイカ割り。
e0293217_12321382.jpg

西日が当たって、目隠ししても形が見えたとか、見えないとか・・・

なんと贅沢にも今年は、スイカ割りのための

スイカを合計5個もいただくことができました。

もちろん、もったいないので全部は使いません笑

夕食は、これまた定番のカレーライス。
e0293217_12365424.jpg

今年は、若さん頑張って作ったチャツネ入り。

きっと味が違ったはず・・です。

みんなの食べる勢いもすごく、

カレー50食、ご飯4升が無くなりました。

続いて、お庫裏さんもお世話になっている、

おはなしポケットのみなさんの登場。
e0293217_12402485.jpg
e0293217_12401966.jpg

紙芝居や絵本の朗読など、

みんなが引き込まれています。

ありがとうございました!

次はいよいよ、肝試し。

残念ながら写真はありませんが、

夏のお泊り会ならではの、涼しくなるお楽しみ。

気合の入ったオバケが参加してくれた

おかげでとっても盛り上がりました!

その後はおまいりをし、映画を見て

1日目は終了です。

夜が以外と涼しくて本当に助かりました。
by 1000nog | 2014-07-29 12:44 | ☆専応寺の風景/行事写真

7月 法友会

e0293217_1555394.jpg

今日は、7月の法友会でした。

暑い中ご参加下さった皆さま、

ありがとうございました^_^

なかなか難しい内容もありますが、

ひとつでも自分の味わいに

つなげていただければ

こんなにありがたいことは

ありません。

8月の法友会はお休みです。

次回は9月5日(金)の予定です。

ご参加お待ちしております。

夏バテには気をつけて下さいね!
by 1000nog | 2014-07-04 15:49 | ☆専応寺の風景/行事写真

7月9日岐阜空襲の日に 平和の鐘と絵本を 

 1945(昭和20)年、日本が世界の多くの国々と戦っていた太平洋

戦争の末期、アメリカ軍の度重なる、激しい空襲を受け、東京、名古屋

、大阪等の主要都市はもとより、地方の都市も焦土と化しました。

非戦闘員の女性、お年寄り、子供たちが死んで行き、運よく助かっても

家も食べ物もなく、病院も薬も乏しく、子供たちは、護ってくれる親を亡

くして、今の我々には想像を絶する、悲惨な状況だったようです。


岐阜市では、7月9日夜半から10日未明の空襲で、市街地は火の海と

なり、900名近い方たちが命を落としました。

毎年岐阜市では、この日に市内の寺院や教会で鐘を撞き、不戦平和の

思いを確かめる機会としています。

空襲から、そして世界中で沢山の血が流され、大切な人たちの命と引き

換えに終わった第二次世界大戦(太平洋戦争)から69年目の今年も、

専応寺では、どなたでも鐘を撞いていただけます。

また今年は、私が長年集めている絵本の中から、戦争や平和、命に

ついて考えるものを展示して、見ていただきたいと思います。


戦争を体験した世代が少なくなり、平和を守るためとか、国を、そして

愛する人を護るという、観念的な美しい言葉が、よく聞こえてきますが

戦争の現実がどんなものなのかを、頭ではなく、人間の五感で想像して

みる必要があるのではないでしょうか。

絵本には、そんな力があります。
by 1000nog | 2014-07-02 22:35 | ☆お庫裏さんのひとりごと