ボルダリング

昨日は、国体の山岳競『ボルダリング』を見てきました。
岐阜市文化センターに特設会場が設置されています。
結構な高さです。
e0293217_19441926.jpg

ちょうど少年女子の競技中でした。
e0293217_19442748.jpg

あと少し、頑張れ!
e0293217_19443318.jpg

つい応援したくなるような、熱い会場でした!
# by 1000nog | 2012-10-03 19:47 | ☆若さんの右往左往

手を合わす

10月1日、岐阜別院で、岐阜教区寺族女性会の報恩講が、ありました。
寺族女性会、つまり、主に、おくりさん達の、勉強や交流の場でしょうか。

お勤めの後のご法話。ご講師は、なんと39歳の女性布教使さん。
家では、2児の母にして、おくりさんだそうです。

やりにくかったでしょうね。母や祖母世代の、
しかも同業者の前ですから。
でも、そんなことは全く感じさせず、はっきりと、
わかりやすく、また優しく話してくださいました。

その中から、心に残ったことを、書いてみます。


     手を合わす習慣のない家庭に
     手を合わす子供は 育たない

     
     『ありがとう』の反対語は 『あたりまえ』


     今すでにめぐまれてあることを
     拾って歩く(喜びを確かめる)生活が大切=ありがとう


     『拾う』という字は 手を合わすと書く


     仏法を 頭だけで聞くのは 理解
     私の全身 まるごとで聴かせてもらうのが 了解(りょうげ)


    
     たくさんの別れを経験するほどに 
     お浄土が にぎやかに 懐かしく思える


     お浄土は いのちのふるさと
     私の そしてみんなの命の還っていくところ



 今回のご法話、そして今までに聴かせていただいた、数限りない
 仏様のお話。その一字一句を覚えているはずもなく、聴いたそばから忘れてしまう私です。
 でも、なんだか、ありがたいなあ、という気持ちは、
 じんわりと体中にしみこんできます。
 そして、今日の空のように、さわやかな風が吹きぬけるのです。 
# by 1000nog | 2012-10-02 22:29 | ☆お庫裏さんのひとりごと

10月

震災を通して出会いと絆を重ねてきた。私たちはつらい経験をしたが、これから未来を
築いていく子どもたちに被災地の現状、震災から学んだことを伝えていきたい。
南三陸の人は、海・里・山から豊かな恵みを分けてもらい暮らしてきた。
多くに命や生活を奪った海は憎いが、それでも愛していかなければいけない。

            被災地の夫妻の言葉  大乗10月号より
# by 1000nog | 2012-10-02 13:45 | ☆今月の言葉

歌 うたい

先日、新聞の報道でアメリカの歌手、アンディ・ウィリアムスが亡くなったことを知りました。
高校生の頃、NHKの番組で「アンディ・ウィリアムス ショー」が、たしか土曜日の昼ころにあり、
学校からあわてて帰ってテレビのスイッチを入れた覚えがあります。
その前はミッチ・ミラー ショウだったでしょうか?
アンディ・ウィリアムスといえば、まづ思い出すのが「ムーン・リバー」ですね。
あの柔らかでなめらかな歌声、聞き惚れていました。もう相当以前から、ああいう歌い手が
いなくなったと思います。(もっと以前ならペリー・コモ)
いや、歌うたいといわれるような歌手そのものが、いなくなったような・・
さびしい思いをしているのは、わたしだけでしょうか?
# by 1000nog | 2012-10-02 13:22 | ☆住職のつぶやき日記

寺カフェ

前回ウチの看板猫、ニコラス君が紹介してくれた
『寺カフェ』のことをもう少し詳しく紹介させていただきます。
e0293217_1651036.jpg

石段を上がり、ススキの脇を抜けたこの場所は、専応寺の書院。
歴史を感じさせる建物の中で、庭を見ながらお茶とお菓子のセットをどうぞ。
e0293217_16511022.jpg

お菓子は、イチゴ・抹茶・コーヒーの中からお選びください。
# by 1000nog | 2012-09-30 17:00 | ☆若さんの右往左往