H27 3月

葬儀に関する著書も多い新谷尚紀氏は、
「お葬式」の日本史」(青春出版社、2003年7月)の中で、

 変化と混迷の中の時代には何よりも過去の慣習を

 知ることが肝要である。そして、何が大切なものとして

 守り伝えられてきていたのか、何が維持できなくなって

 すたれていったのか、それを知ることこそが、

 現在と未来の展望への指針となるに違いない。

と述べられています。


 私たちは、葬儀の何が批判されているのか、先人が

葬儀を大切に執り行ってきたのはなぜか、子や孫に

葬儀を通して何を伝えていこうとしているのか、などを、

一度立ち止まって考えなければならない時期に来ています。


            宗報2月号 葬儀問題の多様化 より
# by 1000nog | 2015-02-27 18:09 | ☆今月の言葉

お葬式で

今日は100歳で亡くなられた方のお葬式にお参りさせていただきました。

昔ながらのつながりが残っている村の方なので、地元の方を中心に、本当に大勢の方がお参りされていました。

100歳というお齢なので、ご親族もたくさんおられます。
ひ孫さんも涙しながら、大ばあちゃんにお別れをされていました。

この雰囲気はなんだろう、と、ふと考えさせられました。

いろんな事情があって、家族や近親者のみでのお別れ、というのが多くなってきたこの頃。

だからこそ思います。

大勢の方に見送られるということは、文句なく安心できることだな、と。

これは、送られる方も送る方も、です。

一緒に住んでいる孫やヒコが、心からの涙を流してくれて、棺の中に手紙を入れてもらえること。
これはもちろん、おばあさんの人柄や年齢によるところも大きいと思います。

そして、人生の中で一番つながりのあった、大勢の地元の方が、声を合わせてお経を読み、手を合わせて見送って下さること。

まだはっきりとは言葉にできませんが、今日お参りをさせてもらいながら感じたのは、「力強さ」というものなのかもしれません。

お葬式の人数が多ければ良いというものではありません。
子や孫が一緒にいないといけないわけでもありません。

人間として終わりを迎えるときの、理屈でない「力強さ」

これが、まわりに繋がっていく「いのちのつながり」とでも表現できるものじゃないのかな、と感じました。

何か小難しい話になってしまいましたが、本当にいろんなことを教えてもらった1日でした。
# by 1000nog | 2015-02-22 16:08

つるし雛

先日ご門徒のTさんからいただいた、とても可愛らしい「つるし雛」
e0293217_18531817.jpg

なんと手作り!
手間ひまを惜しまない愛情がこめられていますね。
e0293217_19321053.jpg

ぜひ見に来てください!
# by 1000nog | 2015-02-21 18:52

〈ちくちくカフェ〉開催しました!

昨日は、お寺の本堂で〈ちくちくカフェ〉を開催しました。
e0293217_17501016.jpg

フェアトレードってどういうことなのか、あまり分かっていなかった私でしたが、いろんなお話をお聞きして、とても大切な活動・意識なんだと分かりました。
e0293217_21113495.jpg

そして、この刺繍です!
バングラデシュの伝統刺繍、ロクシカタ。
人の手でしか作り出せない暖かみ。
完成までは、まだまだ時間がかかりそうですね笑
みんなで一針一針、黙々と、ちくちく。
e0293217_2114970.jpg

こんな時間は本当に贅沢ですね。
さらに、フェアトレードの素敵な商品たち。
私たちの生活のあり方そのものを考えさせられます。
でも、そんな難しいことは抜きに、まず美味しい!チョコレートも紅茶もコーヒーも。食いしん坊な私にはたまりません。
ちょっと本題から外れてしまいましたが、これからも何かの形で応援させてもらいたいです。

NPO法人 泉京垂井 事務局のみなさん、
うららかさん、フラマンさん、
2年続けて本当にありがとうございました。お疲れさまでした。
# by 1000nog | 2015-02-20 17:49 | ☆若さんの右往左往

信仰に生きる人

e0293217_10362971.jpg

昭和56年、専応寺の報恩講に向けて準備してくださった、お仏華(ぶっか)。

報恩講(ほうおんこう)とは、浄土真宗を開かれた

親鸞聖人のご命日の法要で、1年で1番大きな行事です。

当時は1月15,16日におつとめしていました。

ご命日が1月16日ですので、まさにその日だったわけですね。

このために、前の年の夏から用意や準備をしてくださり、

お家の方いわく、

「おじいさんは、年末年始は気もそぞろだったね。

座敷中お仏華のものが広がってね。

足りないものがあれば、山へ取りに行ったり、

前もって押し花のようにして保存したりね。

アルミか銅板を三角に丸めたやつを作ったり、

1年中何かしら準備してたね」

とのこと。

こんな方々に支えられてお寺が、お寺の行事が

おこなわれていたんですね。

ひとつひとつに、とてもたくさんのものが詰まっています。

感動しました。

大切なのは気持ちだから、気持ちがあれば何でもいいんだよ

なんて言葉が恥ずかしくなるような写真です。
# by 1000nog | 2015-02-01 10:51 | ☆若さんの右往左往